大人の家出

先日、知人から「息子が会社の寮からいなくなったみたいなんだが、行先を知らないか?」という電話がありました。

ちょうどこちらも忙しい時だったこともあり、「心配しないでもそのうち帰ってきますよ。いい歳した大人の男なんだから」と軽くあしらって切りました。

でも、その後でちょっと気になって「大人の家出」というキーワードで検索してみました。

それでわかったことは、成人男性の家出は自殺の危険が結構大きいということです。

仕事に行き詰ったり、失業したりして、将来を悲観しての自殺につながるらしいです。

「男だから」というのは逆で、男の方が危ないらしく、女性はあまり死なないそうです。

男というのは小さい時から「男の子でしょ?」と言われ、つらいことも耐えて強く生き抜くことが求められます。

それで耐えて耐えて、ある日耐えきれなくなって死を選ぶということらしいんです。

私はそれを読んですっかり心配になり、知人に軽い返答をしたことを後悔し始めました。

もし本当に自殺だったら、お葬式に行っても知人に会わす顔がありません。

その晩はよく眠れず、翌朝になって決意しました。

自分が調べて分かったことだけでも伝えよう、と。

知人の心配を増やしてしまうかもしれませんが、家出人探しが得意な探偵社とかもあるみたいなので、それに頼んで見つかる可能性もあります。

危ないとわかったのに黙ってる方が後悔するだろう、と。

電話してみると、知人は昨日と打って変わって元気そうでした。

深夜に息子が帰宅したそうです。

家出から3日目。

会社が嫌になって寮を飛び出し、好きな城めぐりをしていたんだとか。

家業を継ぎたいとか言い始めてるそうです。

ハッピーエンドでよかった・・・